今年度より新人王のレギュレーションが変更となります。

大会への参加を予定されている方は、下記内容を入念にご確認ください。 

 

なお、早押王側につきましては、特にレギュレーションに変更はございません。

クイズ歴を問わず、どなたでも参加できます。

(新人王の参加権を持つ方が早押王側で出場することも可能です。)

 

【変更内容】

旧・新人王レギュレーション:クイズイベント参加歴5年目以下

新・新人王レギュレーション:下記のいずれかの条件を満たす方

(1)クイズサークル所属歴を問わずクイズイベント参加歴が6年以下の方

(※第10回大会のみの特別措置)

 

(2)クイズサークル所属歴、クイズイベント参加歴が共に6年以下の方

  

単語説明

クイズイベント参加歴

「一心精進」に記載されているクイズイベントに初めて参加した年度からの年数

 

クイズサークル所属歴

メンバー同士でクイズをすることを目的とするサークル(オンライン/オフライン、クイズ形式、クイズ内容などは問いません)に

初めて所属した年度からの年数

 

~年目:

年数計算については、日本での「学校の学年」「公共機関の会計年度」と同じく、 

「4月1日開始、3月31日終了」を基準とします。

 

つまり、第10回新人王/早押王時点でのクイズイベント参加歴6年目=

2013年度(2013/4/1~2014/3/31)のイベントに初参加した方となります。

 

以下、5年目=2014年度、4年目=2015年度、3年目=2016年度、2年目=2017年度、1年目=2018年度となります。

 

「6年」の根拠

・従来のレギュレーションである「5年」から1年延長することで、

 クイズサークルに所属した方が初めてクイズイベントに参加するまでのタイムラグを補填する。

・中学からクイズサークルに所属した方が、高校3年生まで同じ大会に出場できる

・大学からクイズサークルに所属した方が、大学院2年生まで同じ大会に出場できる

 

変更の背景】

 

新人王/早押王開始も今年で10年目。

10年の間にクイズ界を取り巻く環境も大きく変化し、クイズの楽しみ方,クイズ人口も大きく増加しました。

 

それに伴い、「幅広い世代の参加者全員が、早押しクイズの実力を競う機会を得られる場」として、今大会の希少性・重要性も大きくなってきていると感じています。

 

クイズイベントに参加することは、クイズの最大の楽しみの一つです。

「新人王の出場回数を増やすために他の大会の参加を見送る」と考える人が出かねない現在のレギュレーションは、当人のみならずクイズ界全体の損失であると考え、今回の変更に至りました。

 

ただ、これは前回大会でも告知をしていない突然の変更です。最後のチャンスを心待ちにしていた人にとっては、かなりショッキングな出来事かと思います。アンフェアだと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そのため、第10回大会に限り、第9回大会までと同じレギュレーションでのエントリーを認めます。(上記緑字部分参考)

最後の舞台に向けて積み重ねた研鑽を、存分に披露してください。

 

今回の変更に伴い、多くの疑問点があるかと思います。

想定される質問とその回答についてこちらに記載しておりますので、ご参照ください。